台風災害

台風19号の被害にあわれ方に心よりお見舞い申し上げます。

近所の長野市篠ノ井地区もたいへん多くの家屋が被害に遭われました。

千曲川の増水により、堤防を越水し、住宅街に川の水が浸入してきました。

当事務所は特に被害もなかったのですが、越水した、篠ノ井橋付近からわずか1kmしか離れていないため、場合によってはどうなっていたかもわからない状況でした。

今後はハザードマップを参照しながら、水害に対応しなければならないことを痛感したところです。

花粉症

長野市内でも
スギ花粉が飛び始めましたね。

18歳のころから
花粉には悩まされています。

花粉のパッチテストをしてみたら
スギとカモガヤが
アレルギー源のようです。

スギのピークは3月頃
カモガヤは、5月頃みたいです。

花粉症の時期は
長い時間、外出してしまうと
夜がしんどいので、最小限にします。

春にする人生の楽しみを
かなりムダにしているような気がしますね。

花粉症

いよいよ花粉のシーズンとなりました。

気象庁の花粉情報を参考に
http://www.tenki.jp/pollen/

自分の鼻センサーがまともに反応して
どうしようもない状態です。。

そういえば、昨日は長野市付近
大停電でしたね。。

前日に帰宅途中で
頭上に電線のフラッシュをみてしまって
すごくいやな予感がしたんですよね。

場所は違いましたが、そのフラッシュと
同じ理由だったみたいですね。。

志賀高原始動

志賀高原スキー場での仕事が始動しました。
スキーシーズンはもう少し先でありますが、
やはり11月の準備は始まりしました。
なんていっても紅葉がきれい。
すでに幻想的な雪景色。
風景はよいですが、
実際は、もう冬の極寒の地です。。
空気は非常に乾いていますし、
防寒着にマスクをしながら
仕事をしています。
標高の高い山の傾斜を歩くのがなんといっても息がきれますね。

冬の雨

この時期は、毎年ならほぼ間違いなく雪のはずなのに
今日は雨である。
この雨はスキー場でも雨のままであり、
雨では雪は積もらない。
そもそもスキー場すら暖かく、スキーウェアでは少し暑く感じる。
黒姫スキー場でも積雪が10cmを切っているようで、
おそらく、この雨で溶けてしまったのだろう、地肌すら見える。
県内のほかのスキー場では、スノーマシンがあるところはまだいいが、
自然任せの場所ではほぼ全滅である。
最近、スキーをしないのでそれほど気にならないが、
さすがにクリスマスを過ぎてまで雪がないと、とても寂しい。

涼しくなり

全国的には暑い日が続いていると思うが、
長野市内はようやく、涼しくなってきた。
今年はとても暑かった。
暑いせいか、すこしいらついた日々もあり、
精神的にもまいってしまう。
そろそろ余裕のある日を送りたいが、
そういくであろうか。

とてもあつい

梅雨があけて、一気に暑くなった。
今日は朝から暑く、首のあたりの熱がなかなかひかない。
朝起きたときにいつもは低血圧のせいもあってか、体が冷えているが、
今日は逆に体が熱かった。
ここのところは外でほこりまみれになり、
重い機械の撤去作業をしているため、
産廃業者と同じような仕事をしている。
暑い中、ほんとうにこういった仕事はたいへんである。
しかも、顧客先は今はやりのクールビス&弱冷房のため、暑さはあまりやわらいでくれない。
へたをすれば熱中症になるかもしれないという危機感さえある。
ほんとうにへとへとになり、ペットボトルのジュースを何杯も飲み干す。

大水

大雨で川が氾濫した。
千曲川も犀川も、堤防内の畑やグランドはすべて水に浸かった。
とにかく今日まですごい雨。
長野市内でも豊野の浅野ではやはりかなりすごいことになっていたらしい。
岡谷や辰野、箕輪では土石流が発生しているようだ。
こんなことは何年ぶりであろう。
ここ20年くらいは記憶にない。
しかもかつては台風でこういうことはあったが、
梅雨の時期には、こんなことは本当になかった。
また、明日から雨が降り出すらしい。
とても気がかりである。

雨、雨

「今日は雨、明日も雨‥」
というイルカの歌がそのむかしあったが、
長野は今、大雨状態。
きけば、塩尻では電車がとまっているとか。
南信(長野県の南の地方)では軒並み100mmを越えた雨らしい。
今年は空梅雨かとおもったが、やはり、毎年7月の梅雨の終わりには
長雨になってくれる。
小生は、このかさを使う時期に壊してしまった。
しかもかさをよく忘れるのでなかなかかさが定着しない。
そういえば、八代亜紀の歌に
「雨雨ふれ、もっとふれ」
という歌もあったが、
家の中では
「雨雨ふれふれ、ドンドコ、ドンドコ、ドン」
である。