アメリカ大統領選挙

アメリカ大統領選挙をはなしをします。

アメリカ合衆国は、
2大政党制であることは、
政治学を少しでも学んだことがあるかたなら
誰でも知っていることですね。

2つの政党でそれぞれ
大統領候補を選出して、
そのふたりから大統領を選ぶ方式をとっています。

今はその各政党、民主党と共和党から
候補者を選出している段階。

その候補者も
日本の党のトップを選ぶのと似たところがあって
党員と登録した有権者が代議員を選出して
代議員が党の大統領候補を選出します。

現在の状況は、
民主党がHillary(ヒラリー)とSanders(サンダース)
共和党がTrump(トランプ)とRubio(ルビオ)とCruz(クルーズ)
が候補者として残っているようです。

注目すべきは
サンダースとトランプ。

サンダースは、前から社会主義者を標榜している
上院議員で、若手のリベラリストが応援しています。
日本のリベラル派も結構応援していますね。

トランプは、全く政治経験のない
エンターテイナー。
ワシントン(現在の権力や議員)を否定して
白人保守層に人気があるみたいです。

もともと、今回の大統領選挙は
圧倒的にヒラリーの優位という見方であったようですが、
その二人が健闘?しているようです。

それにしてもトランプは
政治経験はないし、
発言は過激であるし、
キャンペーン中に記者や反対する有権者を会場から追い出すし
本当に極端な候補。。

政治不信そのもののあらわれなんでしょうけど、
政治不信によって過激で経験のない政治家が出てくるほうが
よっぽと不安な感じがしますが。。

政権交代

あまり政治ねたを書きたくないが、
なんとも本当に政権交代してしまった。
民主党が衆議院で多数党になった。
政権交代は細川政権以来。
しかもみれば、ガラスの連立…。
ガラスの十代じゃないのだから、表現が古い。
民社国の連立って…いろんなものを質にしている感じがする。
ほんとうに時代の変化というか権力構造の変化があるのか。
あるとすれば、その立役者はだれか。
僕の予想では、鳩山さんでも小沢さんでもなさそうな気がする。
だってかつて、歴史の中で、権力が動くように時代を動かしたのは、
まったく現権力のなかにいなかった、源頼朝、織田信長、西郷隆盛や大久保利通
どれをとってもかつての権力者の二代目、子分とか、そういう人ではないような気がする。
意外に民主党の中にいなかったりして…。
それにしてももっと社民党とか新党大地とかマイナーな政党には
活躍してもらいたいな。マイノリティーが大好きなので。

イージス艦衝突

ここのところ、イージス艦衝突事件について報道されている。
漁船にぶつかるとは、いったいどうなのだろう。
まず、イージス艦の操船時間帯も海域も漁をしているのならば、よくないし、
衝突を起こすくらい、船が接近を許すこともなにかおかしい。
多分、見張りの自衛官の気がゆるんでていたのかもしれない。
国防上もおおきな問題である。

農水行政混乱か

農林水産大臣が短期間に4回も変わっている事態は、どうなんだろうか。
現職大臣の自殺から始まり、不適切な会計処理による辞任、選挙に負けた責任による辞任、
共済金の不正受給による辞任。
これは農水行政の混乱そのものではないだろうか。
農水関係についてはさして興味もないが、
これだけコロコロとトップがえわるのは、どうなんだろうか。
組織でいえば、方針なき集団運営に成りかねない。
一番危惧するのは、農業、林業、水産業といった産業は、
今、組織化、有限法人化されようといている大きな変革の時代に
社会にとってどのような位置でなければならないのかが不透明であるのにもかかわらず、
その混乱ぶりはとてもよくないことに感じるこどてある。
とかく、上記の産業は旧来の利益を守ろうとする、その保守的な政治手法は
おそろしいものがあるが、それと接続した退任劇なのだろうか。
勘ぐりたくなるところである。

スキーの仕事

スキー場の仕事を毎年しているが、
実は、スキーはぜんぜんしていない。
5,6年前はスキー場の仕事もしていなかったので、
スキーにはまり、シーズンに20回以上行ったこともあった。
だいたい場所は志賀高原か、菅平
特に奥志賀高原はスノボー禁止&雪質最高で
ホームゲレンデのようであった。
しかしながら、仕事でスキー場にいくことになってからは
まったくスキーをしていなかった。
ところが、スキーを履いてしなければならない仕事ができた。
久しぶりのスキーでやはりこわかったが、
3日目には取り戻せつつある。
スキーは楽しい。
特に晴れた日は最高である。